子ども達への環境学習で大切にしたいこと

ブログを書こう!の意気込みも
日々のアレコレに紛れてついつい…
完璧でなくていいよね
体裁を整えようとして
ほぼ一年寝かしてしまった記事を
そのまんま投稿します。
自戒と再度の決意を込めて。
 ~~~~~~~~~~~~~~~
 
環境学習出前講座
の見学に行ってきました。
 
岡山の誇る環境学習センター「アスエコ」。
ここでは環境学習の「出前講座」を
学校や企業
自治体向けに無料で行っています。
ここでの講師役は環境意識の高い市民。
登録することによって
これまで培ってきた経験を
子ども達や企業・地域へと還元できる!
社会貢献への門戸が開かれます 
私自身は最近登録した新米講師。
この講座を、さらによいものへとするための
スキルアップ講座」の仕事をいただき
私自身の学びも兼ねて
小学校への「出前講座」参加です。 
小学生にとっては
環境へのアンテナが高い
地域の大人から初めて学ぶ授業。
いつもとは違う視点からの授業に
子ども達の目が輝きます。
自ら進んで講師登録している方々だけあって
熱意は十分。
アスエコが太鼓判を押すだけあって
講座のコンテンツも充実!でした。

それでもどこか…
私の中に不足感があって。
何か大切なことを忘れているような…
居心地の悪いモヤモヤ感…
そんな感覚がなんとなく残って…
それが何だったのか。
見学後に「スキルアップ講座」の
打ち合わせをしていて氷解!
モヤモヤした気持ちを言葉にできて
ホッとおちつきました。

 「ごめんなさい」
そうなんです!
私が環境問題を子ども達に語るとき
まず初めにやりたいことは
「ごめんなさい」の謝罪でした。

だって今の
こんな深刻な状況を作ってしまったのは
子ども達ではなく、大人である私達。
今、大人として生きている私達は
まず子ども達に頭を下げる!
そこからスタートすることでしか
対等な関係での学び合いは始まらない。

それが
環境問題を自分事として
子ども達に考えてもらうために不可欠な
大人として見せるべき姿勢ではないか…と
そう感じている私がいました。
答えのない問題
シンドイ問題を考え続けるためには
エネルギーが必要です。
夢や希望や明るい兆し…
喜びや楽しさやワクワクする気持ち…
そういうものがあってこそ
問い続け、行動し続けることができます。

ワークショップが素敵なのは
そいういうエネルギーを与えてくれること。
夢中で語り合う場作りができること。
今までの知識・大人の知識では無理なことも
子ども達と知恵をわかち合うことで
越えていけるかもしれない!
そんな希望の場が生まれることが嬉しい♡

地域の大人が届ける「環境出前講座」
この講座が子ども達に
大人への信頼を回復する場となってくれますように。
未来への希望を灯す場となってくれますように。
そして
学び続ける勇気を与える場になってくれますように。

P.S. 
最近の小学校は校舎の作りが違います!
特に大規模小学校は
コミュニティー施設としての使用が前提のため
サロンを思わせるゆとり空間が新鮮!
良い意味で「学校」の概念を壊してくれます。
こんな素敵な舞台が用意されているのですから
多世代交流の中での学び合い
共育の場を広げていきたいですね(^^