ワークショップは恩人

今でこそ、人との対話が大好きだけど
子どもの頃は
人との付き合いが大の苦手。

自然や動物としか対話のできない…
そんな時期が
私には長くありました。

ターニングポイントはいくつもあるけど
その一つが
「ワークショップ」

リアルな場で
人と関わる不安の強かった私にとって
ワークショップの場は
人との関わり方のレッスン場。

一つひとつ確認を積み上げ、
自分を掴んでいけました。

f:id:komitto:20190614190616j:plain

 
「人間関係はスキル」

この言葉は目からウロコ。

そっか、苦手だったのは
私の人間性の問題ではなくて
単にスキル不足だったんだ!



「人間関係の原型は
  両親にあり」

そっか、私のせいじゃないんだ!

これまた力づけらた言葉でした。


自尊感マイナス状態の私が
人との関わり方を受け取れたのは
ワークショップという装置のおかげ
私の恩人です♡


ーーーーーーーーーー

見ただけでは忘れてしまう
見て聞いたら 記憶に残る
やってみれば 身につくよ!

ーーーーーーーーーー

知識を伝えるだけなら
なんたってネットが効率的。

でも
せっかく人が集まるのなら
その力を活かした学びがいい。

だから
集まってしかできない学びを!

やってみて身につく学び
それがワークショップです。


どうやったら自分なりの答え
前のめりで見つけたくなるかな?
関わりを通して見つけられるかな?

参加者の心の動きをイメージしながら
笑顔Makerさながらに
流れを組み立てていくのが

ワークショップ・デザイン

その時々
いただいたテーマを読み解きながら
その時々の
産みの苦しみ・悦びを味わっています
 
(^-^)


あなたにとっての
「ターニングポイント」は
何でしたか?